愛知県豊田市の動物病院、犬猫の診察や予防接種なら花園動物クリニックへどうぞ。 狂犬病やフィラリアの予防、混合ワクチン接種、避妊・去勢手術といったことも行っています。

花園動物クリニック

  • 0565-54-7215
  • お問合せ
  • MENU

診療案内

  日祝
9:00-12:00
17:00-20:00

※日曜日・祝日お休みです

熱中症にご用心

熱中症とは暑さによって引き起こされる様々な不調のことです。

主な症状

呼吸速迫・体温上昇・よだれを垂らす・舌の色が青い(白い)などの症状があります。 また、重度になると呼吸停止や心肺停止を引き起こし、命に関わることにもなります。

熱中症になったかな?と思ったら・・・
早期の判断がカギを握ります。

まず、体温を下げてください。(水をかける、水に浸す、濡れたタオルで包む等)タオルに包んだ保冷剤で太い血管(首の下、わきの下、太股の付け根など)を冷やすのも効果的です。

注意

高体温で苦しんでいる場合は体内の体温計が侵されているので、自分で体温調節ができない場合があります。体温の下げすぎにも十分注意してください。ワンちゃんを冷やしている間に動物病院に連絡を取り、受診することをお薦めします。

予防

散歩時
早朝や日が暮れてから出かけましょう。地面の温度を確認してください。
氷入りの新鮮なお水を用意したり、タオルやバンダナに保冷剤を包んで首に巻くのも効果的です。

自宅時
日よけを利用し部屋の中に入り込む直射日光を避けてあげましょう。
部屋の風通しを良くしましょう。エアコンでドライをかけてあげましょう。

留守時
家の中で最も涼しいところに居場所を用意してあげてください。
水を入れたペットボトルでも簡単に涼がとれます。

暑さに弱いわんちゃんのために快適に過ごせるような環境を作ってあげましょう

PAGE TOP
Copyright 花園動物クリニック. All rights reserved.