愛知県豊田市の動物病院、犬猫の診察や予防接種なら花園動物クリニックへどうぞ。 狂犬病やフィラリアの予防、混合ワクチン接種、避妊・去勢手術といったことも行っています。

花園動物クリニック

  • 0565-54-7215
  • お問合せ
  • MENU

診療案内

  日祝
9:00-12:00
17:00-20:00

※日曜日・祝日お休みです

フィラリアについて

フィラリア予防は5月中旬~12月中旬(蚊がいなくなって1ヶ月後)まで月1回の投薬が必要です。

フィラリアとは、蚊の吸血が媒介となり、犬・猫の心臓・肺の内部に寄生する30cm大のひも状の虫です。

【症状】
よく「せき」をする、運動を嫌がる、食欲はあるが体重は減少、毛づやが悪く脱毛、腹水、気管支炎・肺水腫・胸水、全身のむくみ、散歩中に失神(酸欠)、吐血

このような場合は、心臓に成虫が多数寄生して、心臓の肥大・循環不全になっている可能性が高いです。二次的に肝臓・腎臓障害が起こります。

室内犬でも予防が必要です!

家の中で飼っているからといって予防しなければ、室内犬でも感染してしまいます。心臓の大きな大型犬であろうが、心臓の小さな小型犬であろうが、フィラリ ア成虫の大きさは20~30cmと変わりません。したがって心臓の小さな小型犬に寄生した場合、急性死亡するケースがあります。
小型犬は室外犬に比べてフィラリアの感染率は低いですが、死亡率は逆転して高くなります。

  • フィラリア

    心臓の模型白く細い糸がフィラリアです

  • フィラリア

    フィラリア

フィラリア予防薬投与について

毎年フィラリア予防を始まる前にフィラリア検査が必要です。フィラリア予防薬は診察・検査なしでは処方できません。フィラリアに感染している(心臓にフィラリアの成虫が寄生する)場合、予防薬を投与するとショック症状を起こします。

フィラリア予防

PAGE TOP
Copyright 花園動物クリニック. All rights reserved.